トップページ道路走行記高速道路走行記東名高速道路厚木IC→御殿場JCT

東名高速道路
厚木IC→御殿場JCT

撮影:2012.8
2016.3
2017.9
2018.8

5-1

野中井
Hadano-Nakai

厚木ICの合流では圏央道からのも含まれるため、合流してくる車両が多い。

厚木BS入口

「5-1」秦野中井 13km 「6」大井松田 21km 静岡 126km

「5-1」秦野中井まで10分 「7」御殿場まで35分 「8」沼津まで50分

伊勢原JCTの建設地。この辺りが分岐部になる。

伊勢原JCTでちょうど40kpを通過する。上空をランプウェイが飛び交う。

つながります新東名

この標識、かつて「第二東名」と書かれていたのが「新東名」に修正されている。

伊勢原BS入口

両側とも遮音壁に囲まれている。

「5-1」秦野中井 2km

「5-1」秦野 中井 出口1km

「5-1」秦野 中井 出口500m

「5-1」秦野 中井 出口

「5-1」秦野中井IC出口

6

大井松田
Oi-Matsuda

秦野中井ICでちょうど50kpを通過する。

中井 3km 空有  鮎沢 21km 空有  足柄 30km 空有

「6」大井松田 7km 「7」御殿場 32km 静岡 112km

正面に富士山が見える。

中井 2km 空有  鮎沢 20km 空有  足柄 29km 空有

秦野中井ICまで黒い壁に囲まれていたのとは一転、緑に囲まれる。

御殿場 静岡

/\
左ルート | | 右ルート
\/
「6」大井松田↖|        
6km先

大井松田ICの先は左右に分かれている。
この区間はもともと4車線であったが険しい山地部を通るため渋滞や事故が増加し、改築が決まった。
しかしトンネルや橋梁などの構造物が多い区間であり、そのまま拡幅することは困難であった。
そこで従来の4車線(2車線+2車線)を全て下り線として用い、上り線については3車線の別線を
建設することで拡幅が図られた。左ルートは従来の下り線、右ルートは従来の上り線である。

中井PA 1km

「6」大井松田まで5分 「7」御殿場まで25分 「8」沼津まで40分
6,7,8と並んでいるのは珍しい。

中井PA入口

中井PA分岐部に吊橋のような跨道橋が架かっており目を引くが、これは飾りだろう。

この先の左右ルート分岐に備えて情報板が設置されている。

             御殿場 静岡
             ↑
             /\
「6」大井松田 2km    左ルート | | 右ルート
             \/
             |
             2.5km先

上り坂。短い区間だが登坂車線が整備されている。

大井松田IC分岐の前に大井BSの分岐がある。

↖路線バス

大井BS入口。大井松田ICとの誤認を防ぐためか、かなり大きい標識になっている。

分岐部にもバス停である旨を示す標識が設置されている。
以前ここには左右ルートの状況を示す図形情報板が設置されていたが、撤去された。

「6」大井松田 小田原 出口1km

正面に富士山が見える。

「6」大井松田 小田原 出口500m  左ルート↑  左ルート↑ 600m先 右ルート↑

3車線あるなかで2車線が左ルート、1車線が右ルートに配分される。

再度左右ルートの情報板が現れる。

                御殿場 静岡
                ↑
                /\
「6」大井松田 小田原 出口  左ルート | | 右ルート
                \/
                |
                200m先

「6」大井松田IC出口

7

御殿
Gotenba

標高 119m

左ルート   左ルート   右ルート
↑      ↑      ↗

大井松田ICからの合流車両は強制的に左ルートへ流入させられる。

↖左ルート 静岡 御殿場    右ルート 静岡 御殿場↗

右ルートはこちら

松田の市街地と富士山が見える。

「7」御殿場 25km 「7-1」御殿場JCT 30km 静岡 103km

60kp

松田BS入口

右ルートにはバス停はない。

鮎沢 11km 足柄 20km

「7」御殿場まで20分 「8」沼津まで35分 「11」静岡まで70分

この辺りから急カーブが続く。
いよいよ足柄越えの山地に入るわけだが、この区間は橋梁とトンネルが多く難工事となった。
建設にあたっては10本近くも比較線が取られ、特にトンネルの多い北線と橋の多い南線に分かれた。
当時の建設技術では長大トンネルは忌避されたが、橋梁の建設費や切土区間での崖崩れの危険を
考慮して北線を基調とした経路に決定、都夫良野トンネルが生まれることになった。

山北BS入口

半径350mのカーブ。東名高速にしてはかなりの急カーブである。

登坂車線が現れる。

左右ルートで高低差が付いている。地形が急峻であるため、それぞれが独立した道路として設計されている。

この先の吾妻山トンネルは大和トンネル以来久々のトンネルとなるため、警告の標識がたくさん設置されている。

鮎沢 5km 空有 足柄 14km 空有 駒門 25km 空有

皆瀬川橋を渡る。左ルートを走ると、右ルートと上り線で2本の橋が見える。
下から見ると3つの橋が並んでいて壮観である。

吾妻山トンネル 長さ 360m

短いトンネルだが地質が極めて脆いため難工事となり、掘り終えるのに2年要した。

上り線と交差する。1991年に完成した新線であり、1969年に開通した下り線と比べると技術の進歩を感じる。

都夫良野トンネル 長さ 1680m

東名高速で2番目に長いトンネルだが、工事は順調だったという。
吾妻山トンネルの手前から都夫良野トンネル先までずっと車線変更禁止になっているため、走行する際は注意。

都夫良野トンネルを抜けると、目の前に酒匂川橋が見える。

酒匂川 橋長 725m

美しいトラス橋である。道路の線形に合わせて橋が曲がっている。
東洋一高いと言われた橋脚高65m、山奥に位置するうえ地質も悪いため難工事となった。
建設中の1968年7月15日に橋脚のロケット耐震実験が行われたことも有名である。

正面に富士山が見える。

酒匂川橋で70kpを通過。

鮎沢 1.4km 空有  足柄 11km 空有  駒門 22km 空有

鮎沢PA 1km

足柄 10km

半径300mの急カーブ。

鮎沢PA入口

左ルートのみに設置されている。

山間を抜けていく。

高速道路では珍しい「!」の標識。路肩幅が縮小する。

カーブが多い。

小山BS入口

右から合流1km先 走行注意

正面に巨大な斜張橋(東名足柄橋)が見えてくると、もう左右合流が近い。

右から合流500m先 走行注意

東名足柄橋(上り線の橋)の下を通る。

この先 右から合流 低速車に注意

左右合流。同時に登坂車線が現れ、一時的だが5車線になる。

足柄 3km 空有  駒門 14km 空有  ETC出口 駿河湾沼津 27km 混雑

「駿河湾沼津」は新東名の休憩施設。

右に分かれている2車線の道路は、工事の際にこの区間の上り線を通行止めにし、
現在の下り線右ルートを封鎖して上り線として使う時のために用いられる道路。

一番右の車線が削られて3車線+登坂車線になる。

足柄 2km 空有  駒門 13km 空有  ETC出口 駿河湾沼津 26km 混雑

足柄SA 2km

足柄BS入口

足柄SA 1km

80kp

足柄SA入口

足柄SA通過中に登坂車線がなくなる。

「7」御殿場 1.7km

左に御殿場プレミアム・アウトレットが見える。

「7」御殿場 箱根 出口1km

「7」御殿場 箱根 出口500m

「7」御殿場 箱根 出口    本線↓  本線↓

「7」御殿場IC出口

7-1

御殿場JCT
Gotenba

東名高速道路最高標高454m

御殿場ICがちょうど東名高速道路最高標高地点となる。

「7-1」御殿場JCT 4km 「7-2」裾野 9km 静岡 81km

御殿場JCTの先までは片側3車線になっている。


名古屋

 |\
    「東名」├―┤ 「新東名」
   | |
   ├―┤
  |/

/|
└┤
御殿場JCT. 3km


名古屋

  豊田JCT ├←┐ 豊田JCT
  170分 | | 150分
  ├―┤
   「東名」├←┤ 「新東名」
   清水JCT ├→┤ 新清水JCT
  45分 | / 45分

/|
└┤
御殿場JCT. 2km

「7-2」裾野まで10分 「8」沼津まで15分 「11」静岡まで55分

駒門 5km  ETC出口 愛鷹 19km

「7-1」御殿場JCT 1km

「7-1」御殿場JCT 500m

「7-1」御殿場JCT

「7-1」御殿場JCT

↖新東名はこちら    東名はこちら

トップページ道路走行記高速道路走行記東名高速道路厚木IC→御殿場JCT