トップページ道路走行記都市高速走行記阪神高速道路32号新神戸トンネル

阪神高速32号新神戸トンネル


新神戸トンネル

新神戸トンネル

阪神高速32号新神戸トンネルは神戸市中央区の国道2号出入口を起点に、六甲山系を貫いて7号北神戸線に接続する阪神高速道路の路線である。自動車専用道路ではない。路線のほとんどをトンネルが占めており、特に六甲山系を貫く新神戸トンネル(北行)および第二新神戸トンネル(南行)が主体となっている。
元々神戸市道路公社が新神戸トンネル有料道路として建設・管理していたが、2012年10月1日に阪神高速道路株式会社に移管された。

7号北神戸線とは直接接続しているが3号神戸線とは接続しておらず、ETC車のみに乗り継ぎ制度が適用されている。


阪神高速32号新神戸トンネル
神戸市道生田川箕谷線
起点・終点 兵庫県神戸市中央区〜同市北区
総延長 8.5km
供用中の区間 国道2号出入口〜箕谷JCT
車線数 4車線

年表

1971.10.20 着工
1974.11.11 新神戸トンネル貫通式
1976.5.15 全線開通
1984.1.11 第2新神戸トンネル 着工
1987.12.16 第2新神戸トンネル貫通式
1988.11.16 4車線化(第2新神戸トンネル開通)
2006.3.30 新神戸トンネル2期(北行:L=0.8km、南行:L=1.0km) 開通
国道2号出入口 開通
二宮入口・神若出口 移設
2012.10.1 神戸市道路公社から阪神高速道路株式会社へ移管
阪神高速32号新神戸トンネルとなる

走行記

下り線

国道2号出入口→箕谷JCT

トップページ道路走行記都市高速走行記阪神高速道路32号新神戸トンネル