トップページ道路走行記有料道路走行記首都圏中央連絡自動車道鶴ヶ島JCT→久喜白岡JCT

首都圏中央連絡自動車道
鶴ヶ島JCT→久喜白岡JCT

撮影:2008.3
2010.6
2015.4
2016.6
51  坂戸
Sakado

関越道からの合流車線。かなり長くとられている。

長閑な平野部を進んでいく。

「51」坂戸 2km

猛禽類の保護のためにつくられたネット。

「51」坂戸 出口800m

「51」坂戸 出口500m

「51」坂戸 出口

「51」坂戸IC出口

52  川島
Kawajima

「52」川島 2km

「52」川島 東松山 川越 出口1.3km

越辺川 橋長 420m
ローマ字併記がない標識。

「52」川島 東松山 川越 出口500m

「52」川島 東松山 川越 出口

「52」川島IC出口

60  桶川北本
Okegawa-Kitamoto

「60」桶川北本 4km 「61」桶川加納 9km 「東北道」久喜白岡JCT 18km

田園地帯を高架で通過する。

「60」桶川北本 2km

荒川 橋長 880m

またローマ字併記がない標識。高架橋のため、通常の大きさの標識を設置するスペースがなかったのだろうか。

〔17〕上尾 さいたま  「60」桶川北本 出口1km

〔17〕上尾 さいたま  「60」桶川北本 出口500m

〔17〕上尾 さいたま  「60」桶川北本 出口

「60」桶川北本IC出口

61  桶川加納
Okegawa-Kano

堂々の100km/h制限。圏央道は一般有料道路なので、「100km/h」の表示がなされている。

防音壁が高くなり、ネットが現れる。オオタカ対策のためのものだろうか。

「61」桶川加納 3km 「62」白岡菖蒲 9km 「東北道」久喜白岡JCT 12km

半地下区間に入る。

「61」桶川加納 2km

JR高崎線トンネル 長さ 340m

JR高崎線の下をくぐる部分がトンネルになっている。それなりに距離も長く
トンネルとしての体裁も整っているが、名前が面白いほどに直接的だ。

旧中山道トンネル

旧中山道の下をくぐる。

〔17〕上尾 鴻巣  「61」桶川加納 出口1.2km

〔17〕上尾 鴻巣  「61」桶川加納 出口900m

国道17号トンネル 長さ 350m

〔17〕上尾 鴻巣  「61」桶川加納 出口

「61」桶川加納IC出口

62  白岡
Shiraoka-Shobu

菖蒲 2km 「宇都宮方面」羽生 26km 「東京方面」蓮田 15km

東北道とのJCTを控えているため、広域情報板が設置されている。

「62」白岡菖蒲 5km 「70」久喜白岡JCT 8km 「東北道」宇都宮 85km 「東北道」東京 61km

菖蒲PA 1km

菖蒲PA入口

100kpを通過する。特別な標識が設置されているわけではない。なお圏央道のキロポストは茅ヶ崎JCTから起算されている。

「62」白岡菖蒲 2km

「東北道」宇都宮まで55分 「東北道」川口JCTまで25分 「東北道」佐野藤岡まで25分

〔122〕蓮田  「62」白岡菖蒲 出口1km

〔122〕蓮田  「62」白岡菖蒲 出口500m

〔122〕蓮田  「62」白岡菖蒲 出口

「62」白岡菖蒲IC出口

70  久喜白岡JCT
Kuki-Shiraoka JCT

つくば方面
  ↑
「東北道」宇都宮 | 「東北道」東京
←┬―|┬→
「久喜IC 4km」↙ ┌|┘          
\|
久喜白岡JCT 2.4km

高架を駆け抜けていく。

つくば方面
  ↑
「東北道」宇都宮 | 「東北道」東京
←┬―|┬→
「久喜IC 3km」↙ ┌|┘          
\|
久喜白岡JCT 1km

「70」久喜白岡JCT 500m

「70」久喜白岡JCT

「70」久喜白岡JCT

↖宇都宮方面はこちら  東京方面はこちら     圏央道はこちら

トップページ道路走行記有料道路走行記首都圏中央連絡自動車道鶴ヶ島JCT→久喜白岡JCT