トップページ道路走行記高速道路走行記東海北陸自動車道

東海北陸自動車道


郡上八幡IC付近
郡上八幡IC付近

東海北陸自動車道は愛知県一宮市を起点とし、岐阜県を縦断して富山県砺波市に至る高速自動車国道である。関越自動車道などと同じく太平洋側と日本海側を結んでいる。

飛騨清見IC〜白川郷IC間にある飛騨トンネルは日本で3番目で長い道路トンネルである。飛騨トンネルの工事は湧水などにより難工事となり、当初の開通予定より大幅に遅れてしまった。
また、荘川IC〜飛騨清見IC間の松ノ木峠の標高は1085mで日本の高速道路の最高標高点である。

 
東海北陸自動車道
路線名 東海北陸自動車道
起点・終点 愛知県一宮市〜富山県砺波市
(一宮JCT〜小矢部砺波JCT)
総延長 184.8km
供用中の区間 一宮JCT〜小矢部砺波JCT
開通区間の割合 100.0%(184.8km/184.8km)
車線数 一宮JCT〜白鳥IC:4車線
白鳥IC〜小矢部砺波JCT:暫定2車線

年表

走行記

下り線

一宮JCT→美濃関JCT

美濃関JCT→白鳥IC

白鳥IC→飛騨清見IC

飛騨清見IC→小矢部砺波JCT

上り線

美濃関JCT→一宮JCT

参考

岐阜県:東海北陸自動車道の概要

トップページ道路走行記高速道路走行記東海北陸自動車道

当サイトで公開されている画像等のファイルの著作権は、管理者(T.T.)、
又はそれぞれの提供者に帰属します。無断転載を一切禁じます。
Copyright(C) 2007-2017 T.T. All Right Reserved