トップページ道路走行記高速道路走行記名神高速道路

名神高速道路


京都東IC付近

京都東IC付近

名神高速道路は愛知県小牧市を起点とし、兵庫県西宮市に至る延長189.3kmの高速自動車国道である。最初の開通は1963年で、日本で最初の都市間高速道路である。また、小牧IC〜吹田IC/JCT間はアジアハイウェイ1号線に指定されている。八日市ICを境に東側をNEXCO中日本が、西側をNEXCO西日本がそれぞれ管理している。
また、IC番号やキロポストは東名高速道路と連続しており事実上一体化している。

かつては関ヶ原町の今須地区に半径260mのカーブがあり、事故多発地点となっていたが、そこをショートカットする形で今須トンネルが造られ、ルートそのものが変更された。これは日本の高速道路で唯一営業キロが減った例である。

なお、当サイトでは、大山崎支線は京滋バイパスの一部として扱う。


名神高速道路
路線名 中央自動車道西宮線
起点・終点 愛知県小牧市〜兵庫県西宮市
(小牧IC〜西宮IC)
総延長 本線:189.3km
支線:3.0km
供用中の区間 小牧IC〜西宮IC
開通区間の割合 100.0%(192.3km/192.3km)
車線数 小牧IC〜栗東IC:4車線
栗東IC〜草津JCT:6車線
草津JCT〜瀬田東IC/JCT:8車線
瀬田東IC/JCT〜京都南IC:4車線
京都南IC〜吹田IC:6車線(一部4+4=8車線)
吹田IC〜西宮IC:4車線

年表

走行記

下り線

小牧IC→米原JCT

米原JCT→草津JCT

草津JCT→吹田JCT

吹田JCT→西宮IC

上り線

西宮IC→吹田JCT

吹田JCT→草津JCT

草津JCT→米原JCT

米原JCT→小牧IC

トップページ道路走行記高速道路走行記名神高速道路

当サイトで公開されている画像等のファイルの著作権は、管理者(T.T.)、
又はそれぞれの提供者に帰属します。無断転載を一切禁じます。
Copyright(C) 2007-2017 T.T. All Right Reserved